[ Meca.Jp HOME ]   [ Meca Shop ]   [ FX研究所 ]   [ BBS (掲示板) ]   [ Meca WebLog ]   [ Software ]   [ Download ]   [ Trader'z Cafe !!! ]
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始のの休暇をセブ、ボホール、ネグロス島と回ってきました。12月29日 成田空港は早くも門松がたち正月気分

 

行きのJAL飯、乗り継ぎの時間を利用して、次の国内線のフライトで重量超過とならないようにマニラで使う物はマニラのホテルへ預けて開通したてのスカイウェイを利用して再び空港へ

 

フィリピンエアラインの国内線のチェックインで荷物重量の関係でプレミアムエコノミーを指定していたのが席が変わったとビジネスにアップグレードされて喜んでいたのですが!!

この後、とんだ悲劇が 流石フィリピン航空!!

空港で 自分のフライトについて変なアナウンスが流れている!?!?

内容は「PR****便は 只今、機材を探しています、見つかり次第、すぐにお知らせ致します。」

「機材を探しています。」って、どう言う事や!!!!!!!!!!!!

アップグレードされたのもウェブチェックインできなかったのも、前日に1時間、遅れますと時間変更のお知らせが届いたのも、そのせいだったのか!!!!・・・がぁっ・・・!!!!

そこで折角ビジネスにして貰ったのだからとPAL(フィリピン航空)のラウンジを偵察してみたら、結構混んでいて喫煙室は有ったが超汚ね~!!

 

スタッフのアンちゃんが 「お客さん、日本人だってね~! パン食いね~」とクロワッサンを温めて出してくれたのは良いが、食ったら普通のパンと同じ感触、クロワッサンの失敗版・・(爆)

結局、1時間遅れプラス、更に3時間も遅れて 当初の予定は17時30分セブ着が22時着になった、

しかも代替え機体が見つかったのはターミナル3でバスでターミナル3へ移動して搭乗するもボロボロの機体、それでもビジネスクラスか!・・・(笑)

モニターは壊れている、充電用のコンセントも壊れている

4時間も遅れた為にセブの友人と予定していたマリーナモールの焼肉但馬屋へ行くのは中止して近くのマンゴースクエアで少し飲んで食べて翌日のボホール行きの為に睡眠となった。

 

ホテル近くへ来て見てびっくりしたのが廻りのビルより高いクリスマスツリー、ホテル到着のはるか前から馬鹿デッカイクリスマスツリーが輝いているのが見える、貴方のホテルの前ですよと教えて貰って到着してスグに写真撮影に外へ

翌日、想像通り例年並みの大混雑でありましたが無事にスパーキャット・フェリーへ乗船でき、タグビラランへ到着しアローナビーチへの運賃交渉 100ペソ値切って交渉成立

写真はスーパーキャットフェリー

写真は今回始めて泊まって見たPylamidリゾートです。オーナーは白人の方のようです。

 

夕飯は 行きつけのISISへ ISISと行ってもイスラム国とは関係なくタイレストランです、なんでフィリピンでタイレストランと思う方もいるかもしれませんがコスパと味で選んでいます。・・(笑)

当日の夜、レンタルバイク屋へ行きバイクを借りるがちんこいスクーターしか無く、普通のバイクは無いかと聞くも無いというので渋々スクーターで我慢、翌日のトラブルを避けたいのでテストを兼ねて 一旦、タグビラランの街まで30Km位を往復してくる

翌朝、いよいよチョコレートヒルズへのツーリングに出発するも早々にパンク、通りがかった村人Aにパンク修理する所は有るかと尋ねると親切に案内してくれた。

お陰で30分程度のタイムロスで済み再びチョコレートヒルズへと片道73Km 往復146Kmの旅で 普通のバイクなら何て事はないが いかんせんスクーターで足を前に 揃えて座りシートのクッションはペタンコでお尻りが痛い事、この上ない

それでも ちっちゃいスクーターながらMoto GPチャンプのマルケス張りにリーンイン、リーンアウトで他車をぶっちぎって行き快調に行くも あるコーナーへ侵入したらデカイ穴ぼこだらけで あわや転倒するかと、以後、若干セーブして数回の給油をしながらチョコレートヒルズへ到着

 

チョコレートヒルズの山々の写真です、山の木は常に借り入れして手入れしてないと下右の写真の様に普通の小山になってましうんですね、知らなかった!!

 

写真はロボック側の舟下りの船です。

 

下の写真は絶滅が危惧されているターシャ、現在、ターシャの管理繁殖センターでは 5匹程度しか居ません、以前は80~90匹のターシャが生存していたのですが 有る2つの国の観光客の為に多くのターシャがストレス自殺してしまいました。

駄目だと言うのにターシャを撮るのにフラッシュを焚く、注意を聞かず触りまくる等などです。何処の国の観光客か書かなくても お判りですよね!!!

勿論、そんな迷惑行為を注意を無視してするのはK,C国の観光客です。ターシャはストレスを受けると自殺してしまうんです酷い K国人と C国人!!

ボホール大地震で壊れた教会の復旧中の様子とロアイの海岸のマングローブの疎林

 

セブからネグロス島のシレイ空港へ向かうボンバルディアQ400

搭乗したら俺の席を隣のファット・ウーマンに半分占拠されてる

写真を見て下さい後ろのデブの肩が俺のシートの半分くらいまで来ていて、下は腹の肉がやはり俺のシートの半分を占拠している

男のCAに「おい、俺に 此処に座れってっか!!」とシートのナンバーを見せて 占拠されているシートを指差ししつつ「この一つ前のシートに座るぞ」と宣言、CAは二つ返事て「OK、ノープロブレム」と「ノープロブレムじゃねーから聞いてんだよ」と・・(笑)

 

今回、ネグロス島のシレイ市で宿泊した、ネイチャーズ・ビレッジ・リゾート、その名の通り大自然満喫、但し悪い意味で!!

蚊の大群が現れる、エアコンは効かない、蚊が来るので窓を開けられない

エアコンが効かないとクレームを付けて同宿の友人が留守の間にスタッフが来て見てったよと言うも、エアコンの前に手をかざして OKと行って帰ったと言う・・・(爆笑)

再び、俺がレセプションに電話し「何処をチェックしたんだ温度が下がらず汗だくだぞ、スグになんとかしろ」と猛抗議すると 今度は 若干、地位の高そうなオッサンが来て、エアコンの風に自ら手を・・!

エアコンは最強、最低温にしてあるのに、この生暖かい風はエアコンが効いてない証だろと突っ込む

今日中に何とかすると言うので 約束だぞ、駄目なら部屋を替えろ、エアコンの効く部屋にと念を押す。

結局、30分後に新年の休みで修理できないから部屋を変わってくれという結果でした。二度と泊まる事はないでしょう

更にネイチャー・・何とかと言う名前だったら今後は敬遠する事にします。・・・(^_^;

 

シレイ空港近くのサトウキビ畑の中の知り合いの家へ お邪魔する事になっていて、ジプニー、トライシクルと乗り継いで1時間程、更に降りて歩いていくと写真の様なベニヤ板の渡し船が ベニヤ板の渡し船は生まれて初めての体験でした。・・・(^◇^;)

数日後、マニラに戻るのですが 使いたくないエアラインの五指の中の一つセブパシフィック・・嫌な予感が的中、チェクイン荷物は全て有料オプションの為に無料となる手荷物を無理やり複数持ち込む客のせいで頭上の棚は満杯、多くの客は手荷物を抱えたままのフライト、登場時は係員がコントロールしないのでC国状態の割込み放題の大混乱!!!

機内ではパズルだ歌だと やかましい迷惑サービスの満載、CAがでかい音でアナウンスしたり歌うので耳栓が必需品

ちなみにシレイ空港はバコロド空港が手狭になったために作られた新空港ですが 滑走路が端から端までで2,000mしか有りません、離陸の時は、滑走路の端ギリギリまで行ってからブレーキを掛けたままエンジン全開にして出力が最大までまってからブレーキをリリース、ローンチコントロールが居るんじゃね? 地方空港では滑走路が短いために成田空港の弾丸離陸で有名なUPSのB767ばりの弾丸離陸となります。

着陸は更に大変ですタッチマークが端から300mの位置にありますから残り1,700mで着陸しないとなりません

 

マニラに到着するも膨大な数のセブパシフィック便の荷物が一つのバッケージピックアップだけなんです。

スグ出てこないのは判っているので俺は少し離れた椅子に座って待つ事、30分で やっと出てきました。

カルティマールの知り合いの「オデンレストラン」へ直行して「海鮮ちゃんぽん」を頂く、やはり日本人が作る料理が旨い!!!

年が明ける前に「哀川翔」さんが日本からロケで訪ねてきたそうです。

 

ホテルで一休みしてから 昔、日本のPPに働きに来ていたオバハン(当時は娘)から飯を食いたいと連絡が有りロビンソンモール・マラテの九十九ラーメンさんへ

マニラでは ラーメンはロビンソンモールの九十九ラーメン!、和食と寿司は一期一会、昔は寿司は田辺と言われましたが 私は一期一会さんと 九十九ラーメン、カルティマールのハゲオヤジの店が お気に入りです。

アッと言う間に年末年始の旅も 終わり 色々なトラブルと遭遇するも良い旅となりました。

フィリピンで お世話になった皆さんに 心よりお礼申し上げます。

写真は帰りのJAL飯 フィリピンサイドで作っていると言う事ですが良い材料などが日本と違って手に入らず苦労されていると聞きました。しかしパンが もう少し何とかならないかな!!

フィリピンでも パン・デ・マニラとかパン・デ・サールとか 美味しいパン屋さんが増えてきていますので

このパンも何とかして欲しい、折角、他の料理に苦労されているのにパンの為に苦労がだいなしになっています。

バッゲージは昨年末に JALのプレミアを達成したのでファーストクラス・タグが、成田で荷物が出てくるのが早い事、入管を通って下へ付く前にバッケージピックアップレーンに出ていました。

 

毎年の年末年始の度は 此処数年、ボホールのアローナビーチでしたが 今回は若干、バイクのツーリング、ネグロス島訪問等が有り替りましたのでアップしました。

駄文にお付き合いして お読み頂き 有難うございました。

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーチミンへ行って見た!

何故・ホーチミンかと言うとホンダ・ガールが目的では無く、元フランスの統治領で有った影響か ベトナム料理は美味しいと聴いている

深夜、羽田から飛びたち早朝にホーチミン市のタン・ソ・ニャット国際空港へ到着

羽田空港 JAL チェックインカウンター

羽田空港 JAL チェックインカウンター

タン・ソ・ニャット国際空港

タン・ソ・ニャット国際空港

タン・ソ・ニャット国際空港2

タン・ソ・ニャット国際空港2

//***取り敢えずチェックインまで時間が有るが荷物だけ預けにタクシーで予約して有るホテル・ニッコー・サイゴンへ向かう ***//

タン・ソ・ニャット国際空港 JALのスタッフ

タン・ソ・ニャット国際空港 JALのスタッフ

ホーチミン市のタクシー

ホーチミン市のタクシー

ホーチミン市内2

ホーチミン市内2

//*** ホーチミン市内は緑が多く美しい街、中華風の家や寺院も多い ***//

ホーチミン市内3

ホーチミン市内3

ホーチミン市内4

ホーチミン市内4

夜のベンタイン市場入口 近くで夜市があり賑わっている

夜のベンタイン市場入口
近くで夜市があり賑わっている

//*** ホテルへ荷物を預けた後、ベンタイン市場へ直行 ***//

ベンタイン市場を歩く女性

ベンタイン市場を歩く女性

ベンタイン市場2

ベンタイン市場2

ベンタイン市場3

ベンタイン市場3

//*** ベンタイン市場で昼飯・・ ***//

ベンタイン市場7

ベンタイン市場7

ベンタイン市場4

ベンタイン市場4

ベンタイン市場5

ベンタイン市場5

//*** ベンタイン市場の食堂で フォーとココナッツ・ジュース ***//

ベンタイン市場6

ベンタイン市場6

//*** 宿泊はホテル・ニッコー・サイゴンですが ベトナムでは法律で未婚のカップルがホテルへ泊まれない(違法だが安ホテルはOKが多い)法律で決まっていて公安警察の手入れもたまに有るので 五つ星のホテル・ニッコー・サイゴンは 当然、ベトナム女性を連れ込むのは不可能、別に部屋を取ればOKですが 現地の彼女と会う方は お気をつけ下さい
***//

ホテル・ニッコー・サイゴン

ホテル・ニッコー・サイゴン

ホテル・ニッコー・サイゴン客室

ホテル・ニッコー・サイゴン客室

ホテル・ニッコー・サイゴン客室2

ホテル・ニッコー・サイゴン客室2

//*** ホテル・ニッコー・サイゴンの客室の洗面所 ***//

ホテル・ニッコー・サイゴン客室3

ホテル・ニッコー・サイゴン客室3

//*** ホテル・ニッコー・サイゴンのプール ***//

ホテル・ニッコー・サイゴンのプール

ホテル・ニッコー・サイゴンのプール

ホテル・ニッコー・サイゴンのプール2

ホテル・ニッコー・サイゴンのプール2

//*** ホテル・ニッコー・サイゴンの朝食ビュッフェ、ここの朝食で食べられる フォーは最高に旨い ***//

ホテル・ニッコー・サイゴンの朝食ビッフェ

ホテル・ニッコー・サイゴンの朝食ビッフェ

ホテル・ニッコー・サイゴンの朝食ビッフェ2

ホテル・ニッコー・サイゴンの朝食ビッフェ2

ホテル・ニッコー・サイゴンの朝食ビッフェ3

ホテル・ニッコー・サイゴンの朝食ビッフェ3

//*** サービスのトリュフ ***//

ホテル・ニッコー・サイゴンのスタッフが部屋へ届けてくれた

ホテル・ニッコー・サイゴンのスタッフが部屋へ届けてくれた

//*** 再び ホーチミンの街へ出て旨いもの探し ***//

バインセオ(Banh Xeo)の有名店 An La Ghien

バインセオ(Banh Xeo)の有名店 An La Ghien

An La Ghien2

An La Ghien2

An La Ghienのバインセオ(Banh Xeo)有名

An La Ghienのバインセオ(Banh Xeo)有名

//*** 更にホーチミンの街で旨い物を探求 ***//

ベトナムレストランにて1

ベトナムレストランにて1

ベトナムレストランにて2

ベトナムレストランにて2

ベトナムレストランにて3

ベトナムレストランにて3

//*** コンビニにて ***//

コンビニでも 皆にフルーツが有る

コンビニでも 皆にフルーツが有る

//*** ホーチミンの街で地元の人に訊いて訪ねた ベトナム・フォーの店 ***//

フォー2000と言うベトナムフォーのチェーン店

フォー2000と言うベトナムフォーのチェーン店

フォー2000と言うベトナムフォーのチェーン店 地元の人が美味しいと評判

フォー2000と言うベトナムフォーのチェーン店 地元の人が美味しいと評判

//*** ホーチミンは 食べ物の旅となったが 皆 美味かった!! ***//

ホーチミン市5

ホーチミン市5

ホーチミン市7

ホーチミン市7

ホーチミン市8

ホーチミン市8

//*** 緑が多く美しい街 活気に溢れ 食べ物が美味しい 再び 訪れたい候補の No.1 ***//

ホーチミン市9

ホーチミン市9

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

JALがキャンペーンを 行っていたので、今年はJALのサービスステータスのゲットを狙っているのに見過ごす手はないと、中部空港⇔バンコク。スワンナプーム空港への往復で通常の2倍のFLY ON(3/31日で、キャンペーンは終了)

(通常のマイルと違って1/1~12/31日の積算となり、毎年、リセットされる、サービスステータスを得る為には1年で 最低のサービスステータスで3万FLY ON、5万FLY ONで、永年サービスステータス(JGC会員)の申請資格を得られる、自分も、今年は永年サービスステータスの奪取を狙っている)

と、言う事で正月休みの帰国便でビジネス、今回のタイヘビジネスで飛んで、3万FLY ONマイルを確保できる、後、2万FLY ONは、1回か2回、ビジネスで、東南アジアへ飛べば、何とか達成の目途が付いたが、年の後半は、忙しくなり出かけられない可能性が高いので、何とか、8月の盆休みまでには 5万マイルを達成したい!!

サービスステータス 名古屋-バンコク(キャンペーン)

本題に戻り、今回のルートは

行きは、羽田発⇒セントレア中部空港⇒タイ・スワンナプーム空港⇒パタヤ

帰りは、パタヤ⇒タイ・スワンナプーム空港⇒セントレア中部空港⇒名古屋駅⇒品川

と、言うルートでタイでパタヤへの移動は「オール・パタヤ」の送迎サービスを利用した、パタヤの宿泊は、ベイウォーク・レジデンス・パタヤ

帰りはセントレアから羽田への都合の良い時間の便が無く、JALの無料タクシー送迎サービスを利用して名古屋駅へ、その後は新幹線を利用した。

DSC_0898_small  DSC_0007_small DSC_0930_small

上の写真は、

左から機内でジャックダニエルをペリエで割って頂いていた

中: スワンナプーム空港、一階の外へ出た所の喫煙スペースで

右: 今回宿泊したベイウォーク・レジデンス・パタヤ

//**************************//

下の写真は

左: ホテルから見たパタヤビーチの風景

中: 同じく、沖へ向かうボート

右: 昼食は、タイレストランで

DSC_0939_small DSC_0940_small DSC_0929_small

左: 夜のパタヤビーチ

中: 水上レストラン(バー?)

右: ちびっこがムエタイの試合をしていた、しかも男の子 対 女の子

DSC_0935_small DSC_0936_small DSC_0937_small

タイのバンコクでは痛車ならぬ、痛バスが、良く見受けられるのですが、今回は、見られず、ドラゴンボールや初音ミクなどのキャラが奇麗に描かれたバスを前回は結構見かけました。(但し、バンコク周辺)

DSC_0926_small

ソイ6のバービアで女の子を見つけてBFしたりしてフールで遊びしたりして、いよいよ帰国となります。

今回はFLY ONを稼ぐのがメインの旅ですから。しかし行きは、10:25にセントレアを出て、午後4:50着、しかし帰りは深夜、いや早朝の 0:40スワンナプーム空港発で、セントレア中部空港へ8:05着と、不便な時間、中部空港に着いても、羽田行きは、夕方まで便が無いし、この時間は何とかならないのかな

下の写真は

左: 深夜のスワンナプーム空港の中

中: スワンナプーム空港のJALサクララウンジ

右: 787の窓から雲海の上に日が昇って来た所

DSC_0947 DSC_0949 DSC_0953_small

 

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピンエアラインに搭乗してマニラ空港を離陸、LCCのセブパシフィックは遅れるのとサービスが悪すぎる上に、セブパシフィックのターミナル3の劣悪環境を逃れるために、今後は使用しないと心決めている。

下の写真は左からマニラ空港、パタンガス上空、プエルトガレラ上空

Take-off the Manila airport Batangas上空 ミンドロ島のプエルトガレラ上空

セブ・インターナショナル・エアポートに、到着する、毎回、マニラからセブへ飛び、セブからボホールのタグビララン港へジェットフェリーという経路で行っている

セブ・インターナショナル・エアポート

セブで2泊してからボホールへ移動、合間にセブの町で知り合いに有ったり食事を楽しんだり

セブのオープンカフェでモーニングコーヒー

いよいよボホールへ移動する、ピア3がスーパーキャットの乗船場所となっている、フェリーから離れ行くセブを見た所、下中の写真はフェリーのビジネスクラスは食事が付くと言ってたが、その食事・・(爆笑)

下右はボホール島のタグビララン港に到着して港から撮影

スーパーキャット・フェリーから フェリービジネスクラスの食事(笑) タグビララン港

港からアローナビーチへは毎回利用しているドライバーのジミーが居たので、何時もの値段でと値引きさせてボーホール・ダイバーズ・クラブ&リゾートへ移動

下左の写真は今回宿泊したと言うか、この部屋に泊まりたい為にアローナビーチへ来たビーチサイドの独立したビラである

下中はアローナビーチの風景、相変わらず美しいが、観光客が沢山来るようになってしまい、更に、今回は今までは見なかった中国人観光客と、今までも居たが数が少なかった韓国人が増えていた、いよいよ、このピーチも終わりだなと、新たに良い場所を探さねばならなくなってきた。

下右は、ビラの玄関からビーチまでの近さ!!

今回宿泊したビラ2 アローナビーチの風景 ビラ2の入り口とビーチ

下の写真はビラからビーチの眺望を楽しめる

ビラ2の室内からの眺め ビラ2からの眺望2 夕暮れのアローナビーチ

アローナビーチの夜、食事を摂りに海岸沿いのBBQを、しかし高くなった、更には夜ふけてイタリアからの観光客のジョルジョと奥さんと知り合う、奥さんが、メチャ奇麗でジョルジョは、奥さんを大切にしているのが感じとれ土産物を買ったりして別れてからビーチ沿いのライブを楽しんだり泊まっているダイバースクラブが経営しているバーへ行ったり

ジョルジョと奥さん my dinner アローナビーチナイトライフ アローナビーチの夜2 アローナビーチ・ナイトライブ

バーで独り飲んでいると、なにやら騒がしいので見ると、酔っ払いのコスプレした外人の団体が騒いでいる・・(爆)

写真を取らせてくれと写真を撮ったりしていると、一緒に飲めと言う事で、知らない外人さん達と宴会モード、いやパーティーモードーへ突入!!・・(笑)

この連中、どういう組み合わせか? スペインからとかカナダとかオーストラリアからとか!?!? 多国籍コスプレ部隊

コスプレ外人達

下の写真はボホール・ビー・ファームと言う天然無添加系の食品ショップで、ソフトクリームがバカ売れしていた。

Bohol Bee Farmソフトクリームショップ

午前も二時を過ぎて、部屋へ戻り夜景を見つつ軽く一杯して就寝。

夜のアローナビーチ 新年の打ち上げ花火

翌朝は前夜に買っておいたフルーツと朝テキーラで・・(爆)

朝の部屋で1 朝の部屋で2

暑い昼は暑くなると海に飛び込み、日陰に戻ってぼんやりとして過ごす。下の写真は左がアローナビーチ、下中はボホール・ダイバーズ・リゾートのレストランでメリエンダ(おやつ)を摂っている

海風に吹かれて メリエンダ(おやつ) さらばアローナビーチ

2泊3日のボホールの旅も終わり、再びフェリーでセブへ戻りセブからマニラへと機上の人となる、最近はフィリピンエアラインの国内線のCAは若くて奇麗な子が多い、国際線となると経験が必要なので歳を重ねたベテランとなってしまう、下左からPAL(フィリピンエアライン)のCAさん、マクタン島最東端にあるDiscovery Bay Resorts and Residencesを上空から見た所、マニラ到着とマニラの夜景

セブからマニラへ マクタン島Discovery Bay Resorts and Residences 夜のマニラに

マニラに着き、気のおけない仲間たちと再会し飲んだり、飲んだりと過ごして帰国の時となる、下の写真はホテルのレストラン(屋上直下のオープンレストラン)で自然の風が常に吹いていて心地よかった。

ホテルのレストラン

NAIAターミナル1では空港職員が旅客の荷物に銃弾を仕込んで、そのまま出国したいなら金を出せとセットアップが多発している、世界ワーストNo.1空港の名誉を連続で受賞している誉れ高き悪徳空港である、今回はデカイビニール袋とラッピングテープを持参してハードケースは大丈夫なので機内持ち込みのバッグをビニール袋でくるんだ上にラッピングして保安検査を受けた、保安検査終了後にラッピングとビニール袋を裂いてバッグを取り出す、保安検査を終わった直ぐの所で、わざとやって やった。

昨年中に銃弾仕込みについて対策して問題は無くなったと言う情報もあったが、金になれば何でもありのフィリピンで、そうは簡単に無くならないだろうと思っていたら、案の定、今年も発生したと言う情報が渡比中に入って来た。

下の写真は左からJALのサクララウンジのカレー、サクララウンジ喫煙室

JALラウンジの名物カレー マニラのJALサクララウンジ

いよいよマニラを飛び立ち帰国のフライトであるが窓から外を見ると、何時もより西側のコース取りをしているのかルソン島の最北端や、最北東端の半島などが見える

下の写真は左からルソン島再北東端の半島が見える、機内食、シートとモニター

ルソン島北東端 機内食 JAL SKY SUITE II シート

 

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

国際ローミング可能な海外SIM情報のページを作りました。
携帯とSIMの関係に香港、フィリピンのSIM、計3点のSIMを購入してテストしました。

 

上の写真は左から
[1]: テスト用に香港から購入した Sony Ericson Xperia mini ST15i
[2]: 香港の 3Com HK のSIM(一日データー定額も出来る)
[3]: フィリピンのGlobe社の海外用SIM
[4]: フィリピンのSmart社の海外用SIM

上記の[4]だけは国内、海外共に発信ができませんでした。
着信を受けることは可能でした。