ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

Main Menu
メニュー
海外旅行記
SIMフリー海外携帯と各国のSIMの特徴
ボホール島パングラオアイランド・アローナビーチ旅行記
ミンダナオ島でトレジャーハンターと山下ゴールド(宝探し)
ダバオ市内、サマール島の旅
マニラ紀行記
トップ  >  ボホール島パングラオアイランド・アローナビーチ旅行記  >  アローナビーチからセブ経由でアンヘレスへ戻る
ボホール島 パングラオ アローナビーチ ロスト・ホライズン タグビララン セブ アンヘレス フェリー スーパーキャット

快適で楽しかったアローナビーチの滞在も、お別れを告げる時となった
此方へ来た時と全く逆のルートで戻る

ボホールのパングラオ島アローナビーチ

アローナ・ビーチ --> タグビララン港(ツリースト会社の車)

タグビララン --> セブ港 (スーパーキャット社のフェリー)

セブ港 --> セブ空港(マクタン島) (タクシー)

セブ --> アンヘレス・マカパガル空港 (セブ・パシフィック)

マカパガル空港(クラーク空港) --> アンヘレス市内 (ホテルの無料送迎)

アンヘレスで数日滞在予定

アンヘレス --> ダウ・バスターミナル (同上、ホテル無料送迎)

ダウ --> マニラ(パサイ) (ビクトリーライナー他)

パサイ --> マラテ (タクシーかジプニー)

あらかじめボホールでインターネット予約でセブ・パシフィックを予約していたが
空港に2時間遅れるとアウトと言うタイミング、一日でアンヘレスまで戻るのは少し大変

チョット時間的にキツイと思っていたが、タグビララン港へ付いてみると
案の定前日からのシケでフェリーが遅延していると遅れは一時間と言う
しかしフィリピンタイムの一時間では多分2時間は遅れるなと!!
ヤバいな空港のチェックイン時間ギリギリになると心配しつつ、もう仕方ない遅れたらセブで一泊、ちなみに2012年5月現在クラーク・セブ間は週に3便しかない

タグビララン港の待合室で待っていると地元のバンドが演奏を始めた
ボランティアで やっていると言うのだが下手糞で正直、五月蝿い(ごめんね)
此方は早くフェリーが港に付かないか心配、エアコンの効きも悪く暑い

写真はタグビララン港のフェリー待合室から撮影、沖に見える島はパングラオ島

タグビララン港のフェリー待合室から港を撮影

フェリーは何社か運行しているがスーパーキャットが一番便数が多くメジャー
他のフェリーは一日2往復とか一便だけとかになる、待ち続けてセブ発のフェリーが埠頭に到着したのは定刻を2時間過ぎてからであった、「うっひゃー、フライト時間ギリギリやん」

フェリーがセブ港へ到着、荷物が中々出てこない、やっと出てきた荷物を持って埠頭からタクシーの拾える所まで急ぎ足で行き、タクシーを捕まえて乗った時はチェックイン予定30分前、空港へ到着して直ぐ自動チェックイン機で受付して荷物カウンターへ
なんとか滑り込みセーフ、ボーディングタイムまでカフェで軽い食事をとった。

アンヘレス着は午後7時くらい、前回、泊まったJP-INN(旧ラマダ・ホテル)のフロントのネーちゃんに空港へピックアップを頼むと電話し機上の人となる

セブ空港出発入り口

日が落ちた頃にクラーク空港へ到着するも、ちっとも迎えが来ない
ジプニーは行ってしまったしホテルへ電話すると今向かっているとの返事
更に30分以上待つが迎えが来ないので再度電話をすると「他の客をダウへ送って迎えに行っている運転手が、何処かへ行ってしまった様で連絡が取れない、アタシが迎えに行く」とフロントの顔なじみのネーちゃんが来ることになった結局、一時間程度待たされて、やっとホテルへ

大抵はオーキッド・インを利用しているのだが今回は滞在も短いし無料送迎と言う事でJP-INNに
JP-Innは以前はラマダ・ホテルと言う名前で(現在も、その方が地元では通じる)韓国人オーナーが買い取って名前が変更されたようである
オーナーが五月蝿いせいかホテルのスタッフは極めてフレンドリーで仕事も良くやってくれる
但し、昼間のレストラン担当のネーちゃんを除いて
レストランも本格的な韓国料理が食べられるので抵抗のない人には御薦めかも

クラーク空港(正式名称はマカパガル・インターナショナル・エアポート)

無事にアンヘレスに到着してフィールズへ繰り出す
まずはオーキッド・インの近くのトロピックスへ知合いのピーナが居ないかウェートレスに聞くも「知らない、それよりLDを奢って」、ママを読んで来い、アッチへ行けと追っ払って
ママに聞くと、お気にのピーナは既にBFされていると言う
で、ママと共通の知合いのAちゃんはと言うと「丁度、今、タルラックからアンヘへ来ている、電話して呼んであげるから待ってて」
30分ほどするとスケベなAちゃんが到着、腎臓結石で入院したと聞いていたが
激ヤセして、思いっきりブサイクになっている・・・
店の子でないのでBFは不要、その分、ママに500ペソ、チップを渡してAちゃんと夕食へ

夕食はペリメーター通りのレストランで自分は野菜が沢山入ったカレーを

ベジタブル・シーフード・カレー

食事の後はフィールズ・トライアングルからミッチェル・アベニューのビデオケ通りへ
渡比の都度、時間を作っては最低3回はアンヘに来ているので、フィールズやビデオケ通りでも、覚えられて、オオッK久しぶりだなと呼ばれるので、コソコソっと顔を隠して歩く・・(笑)

無事、アンヘへ到着し数日、遊んだ後、マラテ・マニラへ帰りました。
渡比すると必ずエルミタ・マラテ界隈に滞在となります。
馴染みの「大虎」が一番の お気に入りスポット

パングラオ・アイランドの旅行記を最後まで読んで頂いて有難うございました。
まだまだ出かけた所は有るのですが書かないでモノグサしている内に記憶が薄れてボツとなってしまう事が多く出来るだけ時間の有る時にアップしたい考えています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
友達に伝える
投票数:63 平均点:4.76
前
アローナビーチの夜が明けて
カテゴリートップ
ボホール島パングラオアイランド・アローナビーチ旅行記


Powered by UNICOM & CopyRight; 2009-2012 Mechatronics Japan Project