ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

Main Menu
メニュー
海外旅行記
SIMフリー海外携帯と各国のSIMの特徴
ボホール島パングラオアイランド・アローナビーチ旅行記
ミンダナオ島でトレジャーハンターと山下ゴールド(宝探し)
ダバオ市内、サマール島の旅
マニラ紀行記
トップ  >  マニラ紀行記  >  マニラ紀行[13日目]
フィリピン マビニ エルミタ ベイウォーク ブコ ココナッツ ケーキ ロハス ブルーバード CCP マニラ湾 カルチャーセンタ ベーカリー

昨夜のヤンキーとの立回り騒ぎで、興奮して中々、寝付けず。
明け方近くなてっから寝たせいか、起きたのは8時半近くだった。

いよいよ明日は帰国である、金が無くて大変で有るが帰るとなると、もっと居たいと思う。

今回の旅では、実に色々と有ったなと、改めて感じる。
だが、将来、年金での生活に、金が無い中で暮らしていく方法を、色々と学んだお陰で
フィリピンペソと日本円のレートが、あまり変わらなければ、まったく問題なく暮らせる名と自信が出来た。

一日P375のホテルに食事がP100で一日、P400(1,00円)有れば生活出来る。
一ヶ月30日で3万円である。
贅沢をしなければ食事代は、一ヶ月7,500円で足りる。
アパートを借りたとしたら、もっと安く済むであろう。
家賃は1万前後である。

ホテルも、サントス・ペンション・ハウスから元のエルミタ・ツーリスト・インへ移る日でもある。
朝、顔を洗いに出ると、となりの米国人の爺さんが、「クッ・モーニング、ミスター、昨夜は有難う、若いのが大勢居てトラブルが心配で我慢していた」と

今まで、挨拶もしなかったくせに、(笑)

白人、中でも特に米国人は有色人種を自分達よりも下に見る様である。

挨拶もしない奴と、そんなに話す気もなく適当にかわして顔を洗いに行く
荷物を、まとめて、そうそうにエルミタ・ツーリスト・インへホテルを替わりたい

とりあえず朝早いので、エルミタ・ツーリストインへ行き、
レセプションのロミーに、もうチェックインしていいかと聞くと「部屋は空いているからOKだ」との返事

急いでサントス・ペンションに戻り荷物を、まとめて引越しをすると言っても
目の前の道路を渡れば、すぐであるが・・(笑)

エルミタ・ツーリスト・インで部屋へ入り、朝飯がサービスだったなと思い
ロミーに聞くと、OK大丈夫食べてくれとの返事で、フリー(無料)の朝食と言っても
トースト2枚に、目玉焼きと、コーヒーだけで有るが、頂いた。

朝飯はセンチュリー・パークなどでは、P500(1,250円)取られたなと・・
一流ホテルも、快適だが、全てが高くて、大変である

朝飯を食べ、また、ソルダトの通りのいつものメンバーと話を
いよいよ明日帰国だと言うと、マニュエルがタクシーは自分が知っている
ちゃんとしたタクシーを呼んでやるからと言ってくれる。

今日は、何も予定無し、する事も無いし、金も無いしと言う事で
ロビンソン・デパートへ言ってみる事に、ロビンソン・デパートは物が高くてウィンドショッピングだけで有るが
その後に、またサンアンドレス・マーケットへでも昼飯に行くかなと考えてである。

ロビンソンでウロウロした後、サンアンドレス・マーケットへ向かう
前に紹介したティンダハン(店)で昼食を取る。
マンゴーも、また、2個ほど買って、、次は今日もまた、ベイ・ウォークへ行く
昨日とは違って、月曜日であるので人は疎らであったが、カップルなどや
観光客などが何人かいた。

画像は、ロハス・ブルーバードとペドロ・ビル通りの交差点付近のベイ・ウォークから、
ウェスティン・フィリピン・プラザ・ホテルを撮影
近くにはCCP(フィリピン・カルチャーセンター)や夜のマニラ湾を見ることの出来るレストラン街が有り
夜はカップルでのデートにお勧め

金を盗まれたせいで土産物も買えないし、
明日帰ると、言う事で、C子が夜、ホテルへ来ると言っていた。

一旦、ホテルへ帰り、明日の帰国に備えて、荷物を少しづつまとめ始めた。
不要な物は、まとめてカバンに突っ込み。

その後、エアコンを掛けて遅めの昼寝を少しするが、エアコンが轟音を立てる(笑)
ダンプが、ひっきりなしに走っている様な轟音である。
振動が凄くて、エアコンが窓枠に付けてある為に、ガタガタと窓枠からの音が凄い(^_^;)

轟音にも構わず、一眠りし、目が覚めるともう5時近い時間で
夕飯を何にしようかと、C子も来るといってたし、何か食べ物を買っておいて
二人で食べるかと思い、近所のベーカリーへ行く

ホームレスのマイケルが、「何処へ行く」と言うので「ベーカリーへパンを買いに行く」と言うと
「俺も一緒に行ってやる」と「場所も判るし何回も行っているから大丈夫だ」と言うが
「いいから」と、付いて来てくれる。

「明日は帰るんだな、また、フィリピンに来たら顔を出してくれ、住む所は今の場所から変わるかもしれないが
マビニ通り、エルミタには居るから」と、
今、マイケル達が住んでいる場所は、ハイアット・カジノ&ホテル前の道路の反対側の
塀に囲まれた空き地を不法に、占拠している訳で有るから。
一等地でも有るし、何か近々、ビルでも出来る事になれば立ち退かなければ、ならないのであろう。

ベーカリーへ二人で行き、C子の分と自分の分とパンとケーキを買う
ブコ・ケーキ(ココナッツケーキ)と言うのが有って、ココナッツがタップリと言うか
パイ皮の中身が、全部ココナッツの身である。

日本では食べられないなと思いブコ・ケーキを買う。
「マイケル、何か食べるか」と言うと、「大丈夫だ、お前も金が無いんだから心配するな」と言ってくれる。

画像は、買って来たブコ・ケーキと以前に買って美味しかったパンである
写真を撮るのを忘れて、一口かじってから思い出した為、こんな画像に・・(^^ゞ

C子に何時頃に来るのと電話すると、仕事が残業になったので
遅くなるとの事

夕飯は一緒に出来ないから先に食べててとの事で、
一人、寂しく部屋で買って来た、パンとケーキを食べる。

C子は多分遅くなるなと、もしかしたら、来られないかなと思い
仕事の邪魔を、するわけには、いかないから、残念だが会えなくても仕方無いと
一眠りする事にして、そのまま寝入ってしまった。

携帯の呼び出し音で目が覚めると、C子からで有った。
時間は午前0時くらい、「今、ホテルのフロントに来ていると下で待っているから来て」と
ホテルへ来てくれて、フロントで部屋へ入るのをストップされたらしい
下へ行って見ると、ソファーに座っている。

部屋へ行き、今夜、来ないと、もうしばらく会えないと思い仕事を抜けてきたと言う

色々と言いたい事を言っているが、明日も早いから
色々と助けてもらった例を言って、日本に帰ったら連絡すると約束した。

画像は、C子、色々と助けてもらった、良い子である。

マニラ紀行[14日目]帰国へと続く

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
友達に伝える
投票数:49 平均点:7.35
前
マニラ紀行[12日目夜]
カテゴリートップ
マニラ紀行記
次
マニラ紀行[14日目]帰国へ


Powered by UNICOM & CopyRight; 2009-2012 Mechatronics Japan Project