ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

Main Menu
メニュー
海外旅行記
SIMフリー海外携帯と各国のSIMの特徴
ボホール島パングラオアイランド・アローナビーチ旅行記
ミンダナオ島でトレジャーハンターと山下ゴールド(宝探し)
ダバオ市内、サマール島の旅
マニラ紀行記
トップ  >  マニラ紀行記  >  マニラ紀行[10日目昼]
フィリピン マカティ バス MRT LRT チケット 吉野家 ベイ・ウォーク 出会い ネグロス アヤラ ジプニー

今日は、ブラカンのTK氏がマカティーへ来られるとの話で
こちらの知人を紹介してくれるとの事で有る。

将来、日本では安い年金で貧乏暮らしなら、物価の安い、こちらで暮らそうと真剣に考えている。
紹介して頂ける方が自分の移住などでも付き合えたり情報交換できると
嬉しいと思って楽しみである。

マカティーのMRT、アヤラステーションで待ち合わせと言う事で、どのルートで行くか思案する。
ルートは色々と有るが、ここエルミタから直接行く交通方法は無い
LRT1でエドサ駅まで行って、MRTのタフト・アベニュー駅まで徒歩かジプニーでMRTに乗ればアヤラ・ステーションに付く

その他には、ジプニーで、ブェンディア(ジル・プヤットアベニュー)迄出てバスでマカティーへ
あるいはジプニーでエドサ通りまで出てバスでアヤラ・ステーションへ行く
金が有ればタクシーでと、言いたい所だが・・つくづく盗まれた金が痛い!!

結局、時間より金を節約と言う事で、ジプニーでエドサ通りへ出て、そこからバスでアヤラへと行くとこにした。

画像はジプニーの中で出会った親子、写真を、お願いすると喜んで撮らせてくれた。
娘さんの方は、恥ずかしがっていたが、日本と違って、幼児の誘拐とか殺伐とした雰囲気は無く
みな子供達が明るく元気なのが心に強く感じた。



エルミタからエドサまで結構距離が有るが ジプニーは、P7(18円)だけ
バスはアヤラまで p10(25円)、計42円と言う安さである!
往復でも P34(83円)で有る・・・むっ安?い!

画像はバスのチケットである
乗ると車掌が回って来て何処まで行くか言えば幾らだと答えてくれる。



マニラでは、まだ無いがルソン島の最南端のビコールでバスへ乗ったと時は
値段を間違えたのか、ボルツモリだったのかP50余計に取られそうになった事が有った!
物価の安いこちらで料金がP50違うと大変な距離の違いとなる
最南端近くの町からビコール地方最大のレガスピ市までで、
幸いに同じ所へ行く人間がいて料金が違ったので判ってクレームを付けたが・・

それと特筆すべきは、マニラではバスは巨体を生かして割り込み蛇行、ブレーキも急だし
地方行きのバスは飛ばしているので乗車していて急ブレーキで車体が
一回転近く回って止ったなどと言う事は良く有る事なので、
乗る場合は、一応、そういう事も有ると覚悟して乗って下さい

画像はバスの中からフロントウインドウの行く先表示板を撮った。
日本と違って、プラスチックの小さい札が、幾つも掛かっていて
その中から自分の行き先が有るか瞬時に見分けて手を上げて
止めなければならないので慣れないと、中々、難しい



アヤラ駅へ、予定より30分ほど早くついたのでブラブラしながら、辺りを撮影した。
画像は、パサイ・ロードです。
日本人向けの店が沢山有ります。

他にも、マカティには、日本食、カラオケなどの他に、高級ブランド(ブルガリ、シャネル等)の直営ショップやデパート、高級ホテルなどが有ります。
以前は夜に、良く来ていたが、昼間は用事でも無いと、コンクリートジャングルと感じる。
緑も有るが人工的に作られた場所が少し有るだけで車優先で街が作られていて
歩行者は遠回りをして地下道を通らないと道路も横断出来ない

ここは車を持っている人間で無いと(金持ち)住みにくい場所だなと感ずる。
以前は、感じなかったが金を盗まれて、暫くエルミタの雑踏で暮らすうちに感覚も変わって来た。

画像はエドサ通りからパサイ・ロードへ入ってすぐに有る
日本人向けのカラオケ店、アップ・ステージとブルーエンジェルで有る
昔は、クラブ・アムロと言う店が有って、安室ちゃん
の店だと?聞いた事が有ったが、無くなっている。



ご覧の様に看板も「日本語」である(笑)
こちらでの価格は、日本語で聞くと、一番高く、二番目が英語で、一番安いのがタガログ語で聞いた場合である(笑)

以前に、マカティ・シャングリラに、止った時に正規料金$220(24,400円)が、
夕方、電話してタガログで交渉したら値切って$95で泊まった事が有る(笑)
代理店等を通せば、もっと安くなるかもしれないが、急に泊まることになったので$95なら良いかと泊まった。

画像はアヤラ・ステーションの駅構内から地上へのエスカレーターである。



画像は、アヤラ・ステーションから降りた所からマカティーを眺めた風景で有る

*注: アヤラとは、スペイン統治時代の総督から続く一族で日本の銀座に相当するマカティを始め、
フィリピンのあちこちに広大な土地を持っている
日本の歴史を調べても徳川家康にフィリピン総督の「ドン・フェルナンド・アヤラ」が
直接、開港の談判に来たなどと書いてある文献も有りました。



その後、一服しながらTK氏を待ちながらiPodでビデオを見ていると、皆、珍しそうに覗いて来る。
こちらでは iPodnaonはやShuffle売っているが、普通のiPodは見た事が無い
ビデオを見られる携帯プレーヤーは、あまり無い様である。

TK氏が到着し、さっそく腹ごしらえで、吉野家へ行こうと言うので・・?
「エッ吉野家が有るんですか・・?」と聞くと自分が通って来た道沿いに有るではないか!!
通って来て、吉野家が有るのは別に不思議では無いと思って通って来てしまった様である(笑)
う?む、フィリピン慣れして日本の地元に居る感覚に、なってしまったのか・・?
ふつうなら「吉野家がフィリピンに有る!!」と感じ無ければ行けない所なのだが・・と自分で思う

先日もセブン・イレブンに行ってポテトチップを買うのに、一生懸命。探しているが見つからないので、
何を探しているんだと、自分自身で確認すると無意識に「湖池屋のポテトチップ」を探していた・・(笑)
フィリピンのコンビニに有る訳無いだろうと、自分で自分を笑っていた(笑)
こういう意識で居ると、また油断して泥棒のカモに、なる鴨!・・(笑)

まっ話が、それたがTK氏と吉野家の日本人だらけの中で牛丼をゴチになり
TK氏が店を出すので物件を確認しに行くので一緒に付いて見に行き

その後、マカティのスターバックスで ミスターJon氏を紹介される
名前は・・John,Hallと言う名刺だが日本人である。

色々と話をして、夕方4時頃に、二人においとまする。
20日にTK氏とTK氏の義母の誕生パーティを行なうのでミスターJohnと二人で伺うこととなる。

さて、今日の夕方5時に[8日目]に出て来るベイ・ウォークで知りあった女の子と会う約束である。
若い子の方が田舎(ネグロス島)へ里帰りする前に会いたい言うので
一時間有れば大丈夫だなと思っていたが・・・・

マカティのバス停へ行くのに30分くらい掛かってしまった。Σ(⌒◇⌒;) ゲッ!!
歩いて行ってバス停まで後少しと言う所で道路が柵で囲われていて横断出来ない、( ̄△ ̄;)エッ・・マジッすか?

警官が居て「渡っちゃ駄目だ」と・・・・(;^_^A アセアセ・・・

戻ると、ずっと1k以上も戻って道路を地下道で渡って、また引き返さないと行けないし
バスは目の前の道を走っているから強行突破して・・・・と
思ったが、またしても警官が、ここでバスを止めて乗っちゃ駄目だと、・・(;_;)

諦めて、1K近く戻って地下道を3つも、くぐり、やっとバス停へ到着したが時間は、すでに、4時半である。
とりあえずTexで少し遅れるから待っててくれと送信する。

バスに乗っても夕方のラッシュが始まりかかっていて道が混んでいて、バスが進まない
やっとジル・プヤット駅へ付いて、飛び降りてLRTの駅へ
今度は、トークン(切符)を買う人で行列が出来ている・・(^_^;)
何とかペドロ・ビルまで付いたのが5時丁度

ベイ・ウォークまで近いが一方通行が逆方向なのでジプニーも無い
急いで歩いて、ベイ・ウォークへ・・

マニラ紀行[10日目夜]へ続く

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
友達に伝える
投票数:70 平均点:3.29
前
マニラ紀行[9日目昼]
カテゴリートップ
マニラ紀行記
次
マニラ紀行[10日目夜]


Powered by UNICOM & CopyRight; 2009-2012 Mechatronics Japan Project