ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

Main Menu
メニュー
海外旅行記
SIMフリー海外携帯と各国のSIMの特徴
ボホール島パングラオアイランド・アローナビーチ旅行記
ミンダナオ島でトレジャーハンターと山下ゴールド(宝探し)
ダバオ市内、サマール島の旅
マニラ紀行記
トップ  >  マニラ紀行記  >  マニラ紀行[8日目夜]
フィリピン マニラ エルミタ ベイウォーク 逆ナン 若い ライブバンド

  ************ マビニ通り エルミタの安宿へ ***********

移った安ホテルであるが、窓が西向きで、昼過ぎはメチャクチャ暑い
風の通りが悪くて、午後は暑くてとても居られない!

夜は、階下が24時間営業でカラオケが置いてある為に、夜通し、ガンガンとうるさい
静かになるのは朝の四時から五時頃である・・(@◇@;) ウ?・・・

しかも、ゴキちゃんが大群で、床を、カサカサ、コソコソと走り回っている・・!!
動いていると言うよりは最初は床が動いているかと思うほどのゴキちゃんが群れをなして黒い波のように床を動いている、一瞬、床が動いていると思ったほどである
こんなゴキちゃんが沢山居るのを始めて見た・・( ̄◇ ̄;)ウェッ!!

ゴキちゃんだけなら、いいが寝ていると、ゴソゴソと音がするので見ると・・
ネズ公が居る、我輩の朝飯用のパンを狙っているらしい・・!!
まだまだ、なにか出てきそうなホテルである!!・・・・楽しみ(笑)

となりの部屋は若いフィリピーナと米国人の爺さんで有る
まあ、この爺さんと、若いフィリピーナの事は後で書くことにする。

後日、廊下で昼寝している時、
すぐそばで、二人で、ああだ、こうだと、話をしているのを
聞く気は無いが聞こえてしまったので・・・・(^^ゞ

廊下は、余り暑くないので廊下のソファーで涼んでいると、目の前がトイレ兼シャワーとなっていて
若いフィリピーナが、タオル一枚でシャワーを使いに来る・・

覗き趣味は無いが、部屋は暑くて居られないし
ただ、フィリピーナは平気な顔をして、ニコニコと挨拶していくが、使い古して薄くなったタオル一枚で・・
正面を向いて挨拶されると・・・・思わず、ブッと鼻血が出そうであった・・(^^ゞ
(ちょっと書けないので、ご想像に、お任せします!!・・(^^;) 良い体験が出来ました(笑)

(そう言えばダバオで誕生祝で呼ばれた家でも妹らしい高校生くらいの子がタオルを巻いただけで、
平気で自分の前を歩いていたなと)
まっこと自分には、刺激の多い国である。

日も暮れてきたが、部屋の中は、まだ暑さで居られない
仕方無い、また、ベイ・ウォークでも散歩してくるかと、シャワーを浴びて出掛ける事にする

------------ 夜のベイ・ウォークへ --------------
画像はロハスブルバードとペドロ・ビル通りの交差点の信号の夜景


上の画像の信号であるが、歩行者用の信号が、緑の時間が大変に短い!
6車線ある道の真中へ行く前に赤の点滅に変わってしまう!

ただし、赤の点滅は長いが、やはり気がせいて早足や駆け足で渡ってしまう!

ハイアット・ホテル & カジノの横を通って行くのだが、ペドロ・ビル通りから
ロハス・ブルバードへ向かって行って、デル・ピラール通りへ出たら右へ曲がって
すぐ右側にレストランが有るので、夕飯を食べようかと立ち寄る
いつも、ここのテレビは、いつでも競馬で有る!

こちらの競馬は頭立てで、枠番と馬番の組合わせと言うのも有るらしい・・
オッズは、殆どが、「 999 」などとなっている中に。「14.1」だとか「32.5」だとか言うのが混じっている!!
良く判らないが当たり目は沢山有るので当てずらいが、日本よりダイブ、オッズが高そうだ
メトロマニラ内で確か、2ヶ所競馬場が有ったなと・・
沢山の競馬ファン(中毒)らしき人達で一杯である

安い飯を頼んで食べて出る、水が付いてくるが、無料なので、沢山飲みだめして
ミネラルウォーターの消費を抑え様と・・(笑)
普通の店では、フィルターを通した水を出すのが殆どなので飲んでも大丈夫だが
飲む場合は、一応、フィルタード・ウォーターかと聞いてからの方が良いでしょう。
夕飯は P40なりですます。

再び、ペドロ・ビル通りへ戻って、ハイアットの横を通ってベイ・ウォークへ向かう
この辺りに、しつこいポン引きが居る、通るたびに、しつこく、くっ付いて来る!!
かなり強く言っても、喰らい付いて来て離れない!

ポン引きに連れて行かれると、その分高くなるから、カーサ(スペイン語で家と意味、こちらでは置屋の事)へ
行くなら、一回、ポン引きに、見るだけだと行って、見てビールを飲む位で実際に帰ってきてしまう
場所が判った訳で有るから、後でポン引き抜きで行くと安いと言うのを聞いたことが有る!!

昨年の8月と今回以外は、いつも、お目付け役が、そばに居るので、残念ながら試した事が無い!・・(笑)
まっその方が良い事である(笑)

今日も、ポン引きが、懲りずに、近寄ってきた!
「しつこい、そばにくるんじゃねー」と怒鳴り飛ばすが、しつこく付いてくる
構わずに、早足で、ロハスブルバード方面へ向かう

夜のベイ・ウォークは、かなりの人である!
近くでバンドがライブをしているのが聞こえるし、賑やかである!

ベイ・ウォークの画像、右下には彼女に膝枕をして貰っている男が・・(^_^;;

-------------[ ベイウォークでの出会い! ]--------------

さて、一人出来ている気の利かない奴は自分くらいだなと、ぶつぶつ言いながら
適当に湾ぞいの堤防に座って、周りを見渡すが、一人で来ているのは、やはり居ない・・(^_^;)

カメラで、上の画像を撮ったりして、一息とタバコを点けようと、ライターが・・無い!!
どうやら、忘れたらしい・・・ガクッ!

と、「目の前に細い手が伸びてきて、ライターを使って下さい」と・・
ふっと目をやると、そこには絶世の美女が、・・・・ なんて、上手い話が有る訳け無い(笑)

そこには二人組みの女性が座っていて、年上の方がライターを貸してくれたのであった。
ライターを帰して、まっ金は無いが時間は、タップリと有るので色々と話しをする

 

なんで、一人で、ベイウォークへ来ていると聞かれ、「実は、泥棒にやられて、かくかくしかじか」と
「まあ、かわいそうに」と左の子が、「サンドイッチが有るから食べて」とか
ミネラルウォーターを買って来てくれたり大変に、親切で、感謝、感激である。
日本なら、若い子が怪しいオヤジに話しかけてくれる、どころか近寄っても来ないであろうが・・(笑)

お礼に。次回に来た時に、3人で飲み食いしようと話たりしているうちに
「あなたは、独身か?」と、おっと、いつものパターンが始まったなと!

こちらでは日本人と結婚して日本で仕事をして稼ぎたいと言う子が実に多いので!

正直に「フィアンセが居るが、ずっと会って無いし、まだ3年待てと言われて
待つのが嫌で、紹介されたのでダバオへ行って来たが駄目だった」と言うと
「携帯の番号を教えて」と言われ・・・

えっC子も知り合ったし、面倒なと思い「番号がSIMカードを取り替えて判らんと」と
逃げようとしたが、「携帯貸して」とパッと取られて彼女の携帯にコールして
番号がバレテしまう、もう一人の子も教えてと自分の携帯にインプットしている!
あぁ?とっと思っている内に、Texが自分の携帯に来て誰かなと思ったら
写真の青い服の子が私が送ったと・・

texを見ると「pls hug me tight 」(訳、省略)・・・Σ(⌒◇⌒;) :ゲッゲッ?!!

思わず相手の顔を見ると・・・トイレへと行ってしまった!!
いきなりホットなTexを受け取って固まっていると
「赤い服の子がどうしたの」と携帯をまたしても、パッと取られて
Texを見て、ブスッとした顔をしている!

二人はレズで恋人同士で、彼女が怒ったのかと思ったが実際は違ってた
後で、また、衝撃のTexが、送られて来るとは、この時は夢にも思っていなかった・・・・(^_^;)

青い服の子がトイレから帰って来たので、「まだ会って一時間も立ってないから
これは、・・」と言うと
「夜のベイ・ウォークで雰囲気が有るから、つい・・」と・・言うと
友達と待ち合わせしているからと、・・行ってしまった!!

どうなってんだと「狐に、つままれた」と言う感じであった!・・・・(; ̄ー ̄)...ン?ッ

二人が居なくなってホテルの部屋も涼しくなったかなとホテルへ帰り
ベッドでゴロット横になってると 再びTexがさっきの青い服の子である!
「次に来たら必ず連絡してくれ」と「判った、お休み」とtexする

暫くすると再びtexが届く、誰か判らないから「誰だ」と送ると
さっき、ベイ・ウォークで会った二人組みの若い子の方だった
何回かtexのやり取りをしていると若い方の子が「彼女は旦那さんが居る」と・・Σ(⌒◇⌒;) ゲッゲッゲッ?!!ヤバイ

「本当か?」と聞くと「本当だ」と・・・(○ ̄ ?  ̄○;)ウーン・・・
どっちの言う事が本当か判らんが、青い服の子は、TEXも中々、直ぐには返事が出来ないようで
確かに、隠れてTexしていると言う感じはする。

若い子は「私は本当に独身」だが「アテは、旦那さん居る」、「他の男の人にも独身だと言って居る」と・・・Σ(=゜ω゜=;) マジ!?

旦那が居るのなら大変である、誤解されただけで殺されたとか、多い国であるからクワバラ、クワバラ!!
トラブルはゴメンである!!

皆さんも、フィリピンでは、いや日本でも、PPに行く時などは気を付けて下さいね!!

明後日から田舎へ帰るので、その前に会いたいと若い子が言うのだが
今のショックで心配である、二人で来て3人でならと言う事で、
明後日のフェリーでネグロスへ帰る前に少し会うと言うことにした。

階下からのカラオケの騒音の中で眠りに付く・・・・な?んて寝られる訳が無?い!!
うとうとしながら明け方近くなって、やっと眠りに落ちる!!

毎日、良くも、まあ、こう色々な事が有る国だなと、つくづく思う!!
特に今回は・・・(^_^;)

マニラ紀行[9日目昼]へと続く

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
友達に伝える
投票数:82 平均点:4.51
前
マニラ紀行[8日目]
カテゴリートップ
マニラ紀行記
次
マニラ紀行[9日目昼]


Powered by UNICOM & CopyRight; 2009-2012 Mechatronics Japan Project