ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

Main Menu
メニュー
海外旅行記
SIMフリー海外携帯と各国のSIMの特徴
ボホール島パングラオアイランド・アローナビーチ旅行記
ミンダナオ島でトレジャーハンターと山下ゴールド(宝探し)
ダバオ市内、サマール島の旅
マニラ紀行記
トップ  >  マニラ紀行記  >  マニラ紀行[8日目]
フィリピン マニラ エルミタ マビニ ソルダト ホームレス サントス ペンション

友人のC子に、教えて貰ったホテルへ、早々と移動しようと、朝、ホテルのレセプション(と、言うほどでも無いが)へ
現在のホテルで今夜の宿泊分まで支払って有るので、返金して貰うと、次のホテルで二泊出来る計算だ、が、!!
支払いした物は返さないと言う・・Σ(⌒◇⌒;) ゲッ!!

ただし、日程の変更は可能だと言うので、仕方なく帰国前日に、戻って、こちらでユックリと宿泊する事にした。
次のホテルは、トイレ、シャワー共に、共用なので、きっと落ち着いて用を足せないと(笑)
シャワーも、ゆっくりと使って、奇麗になって帰国したいし!!

仕方なく、一泊分また足りんようになったな?と、考えながら
サントス・ペンション・ハウスなる安ホテルへ移動する。

今日は 1月17日で有る、20日までの宿泊代3泊分 P375X3=P1,125ペソを払う!
で、残金を見ると P600(1,500円と、こまかいのが小銭が・・Σ(⌒◇⌒;) ゲッ!!

後、6日間、一日 P100(250円)で暮らしても、宿泊代が 2泊足りない。
それと空港使用税 P750(まだ値上げ前であってP55だった)と空港までのタクシー代が・・足りない!!

う?む、最悪は成田から自宅までの旅費として取ってある 日本円を両替するか?
しかし、成田は夜11時で閉まるから、寒い日本で野宿するよりは、 こちらで荷物だけホテルへ預けて野宿した方が、いいか!!、と言う事に決めて、日本円はキープする事にした。

成田に、戻っても、キャッシュカードが天下の農協で有るから
7時過ぎると使えないだろうし、PALが遅れる事が有っても、7時前に着く訳が無い!!

日本で凍死するより、マニラで、ホームレスの方がいいと・・・(笑)
自分の知り合いで、やはり金欠となって、トンドのスクウォッター(不法占拠者)の家へ滞在したのが居るし・・(^_^;)
最悪は2泊、ソルダト通りのアパートの軒下で寝ようと腹を決める!

問題は、食である!! 今までの様にジョリビーやマクドで高いのを食べたら、一日で金が無くなってしまう。
一般のフィリピン人は安い金で生活しているのだから、
こちらの一般庶民と同じにすれば、やって行けるはずだと考える
まずは、地元の人間が、どう言う食事をしているか見て観察しようと・・
地元の一般の人達は、路上の屋台、ベーカリー、マーケット(市場)などで食べ物を買ったりしている。
実際に、一般庶民向けのフィリピン料理で、自分が食べられる物は少ない 高い物で食べられる物は有るが・・
安いものがあるか心配である!!??

なんたって予算は、一日 たったのP100(250円)で有る・・(苦笑)

いつもの様に、ソルダト通りへ入っていって見ていると、屋台の料理が安いではないか!!
パンシット・カントン(焼きそば)が なんとたったのP10(25円)で有る!!
いつも、話していた屋台の親父の店である!

画像は、ソルダト通りの風景、傘の下が小さいが店で有る 立って、赤いシャツを着ているのが店主、親切な人です。
左に写っているのは、日本人の老人、トラブル・メーカーと言うほどでも無いが皆を困らせていた・・(笑)

この、ご老人、自分と同じく 1月10日のPALのPR431で来比したらしい!
勝手に、ホテルの事務所へ入ってテレビを占領したり(笑)
夜に、一人で、ベイ・ウォークへ行くと言い出して、スタッフが一生懸命止めてたり!
毎日、この写真の定位置で座って過ごしているだけで有る・・??

何をしに、フィリピンへ来たのかな?
田舎のリゾートでも行けば、高くないし、海も奇麗だし
新鮮な魚介類も食べられるのにと思うが・・

本当に簡単な英語が判る程度で、日本語で押し通しているし、スタッフも、困惑して困っていた。

話が、ホテル前の小さい店のことに戻るが・・
タバコが バラ売りで1本 P2(5円)、「う?む、儲からん仕事だな」と、言うと
「高いと安い他の店に行ってしまうから仕方無いよ」
「金無いんだろ、安くして沢山入れてやるから」と言われ好意に甘える事に、する。

画像が、P10(25円)の焼きそば、カラマンシー(スダチの様な)も2個も付けてくれた。・・感謝
P10の割には、結構、量が有った

その他に、C子とコンビニで買って来た、ライ麦の食パンが、かなり有る
ピーナッツバターとココナッツを混ぜたのも、有るし・・朝飯は、これで行って、後は昼飯と夜飯だけ、何とかなりそうだ・・!!

ただ、水が高い!!
やたらに、水道水を飲んだら腹を壊すので、ミネラルウォーターを買わなければいけない
また暑いので汗をかくせいか、水を飲む量が日本よりダイブ多くなっている!!

朝は、買ってあるライ麦の食パン(なかなか美味い)、昼と夜は屋台を利用
後は、ミネラルウォーターがP24くらい
一日、P60(150円)くらいで食べて行けそうである

食の問題が大丈夫と判ると現金な者で、せっかくフィリピンに来ているのだから
じっとしてても、勿体無いと、言う事でロハス・ブルーバード沿いに有る
ベイ・ウォークへ行ってみる事にする。

画像はベイウォークの終わりの地点(北側)に、生えているヤシの木!!
近くから、アオって撮って見ました!(広角で、ないのが残念!)
真っ青な、済んだ空と、ヤシが奇麗でした。

さすがに、真昼間のベイ・ウォークは日差しが強く、人も、まばらで
自分も暑さに負けて、一旦ホテルへ戻るとする。

マニラ紀行[8日目夜]編へ続く

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
友達に伝える
投票数:55 平均点:3.45
前
マニラ紀行[7日目]
カテゴリートップ
マニラ紀行記
次
マニラ紀行[8日目夜]


Powered by UNICOM & CopyRight; 2009-2012 Mechatronics Japan Project