ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

Main Menu
メニュー
海外旅行記
SIMフリー海外携帯と各国のSIMの特徴
ボホール島パングラオアイランド・アローナビーチ旅行記
ミンダナオ島でトレジャーハンターと山下ゴールド(宝探し)
ダバオ市内、サマール島の旅
マニラ紀行記
トップ  >  マニラ紀行記  >  マニラ紀行[6日目午後]
フィリピン ダバオ空港 空軍 セブ バコロド ネグロス島 ブロッケン現象 ムスリム オバちゃん

 マニラ紀行[6日目午後]、マニラへのフライト!

今回もPALは、一時間遅れである!

まっいつもの事で仕方ないなと、やっと機体が到着した、エアバスのチッコイ飛行機である

搭乗して、すぐに周りの風景を見て写真を撮ろうとカメラをだす。

画像の左手が空港ターミナルである、右手に滑走路が有り
滑走路の向こう側に、ちょっと屋根がフィリピンの昔風に象った白い建物が見える

 ---------------[ フィリピン空軍機?? A10サンターボルトか?? ]---------

その近くに、フィリピン空軍の機体らしき物が2機シートを掛けて置かれているが
どうも、飛べる状態では無いようだ!

機体は名前は忘れたが、多分 A10サンダーボルトの様である
対戦車砲やバルカン機関砲、対戦車ミサイルなどを
沢山積める、米国製の地上攻撃機の様である。

30mmバルカン砲を搭載して居る人間が弾幕に入ったら10秒程度の連射で粉々に蒸発してしまうと言われている
対ゲリラ戦用の地上掃討攻撃には打ってつけなのかも??

残念ながら、良いアングルをと探している内に離陸してしまって撮影できなかった
推測ながら、アブ・サヤフなどのテロリス対策で導入されたのかなと考える

画像の様に3列掛けのシートの一番右側の窓サイドである
天気が良いし、良い写真が撮れると良いなと願う
隣は、マニラの銀行へ勤めていると言うダバオの20代後半くらいの女性と
通路側は、なかなかイケ面のフィリピーノで有るが
なぜか、このフィリピーノは飛行中、ずっと何処かへ行っていて、着陸寸前まで戻ってこなかった・・・?!

いよいよ、フライトだがデジカメの使用が暫く待たされて、ダバオ市上空が撮れなかった。
しばらく離れてからの画像であるがダバオ市とダバオ湾を写したが・・判りずらい
空港は翼の下で見えない、サマール島と思われる島が見えている

ボホール島上空では、有名なチョコレート・ヒルズは機体の下辺りになる為に撮影できなかった!!・・残念!!

次は、セブだなと思いつつ、しばしすると
マクタン島とセブ島が良く見えて来る、新旧二つのマクタン大橋も良く判る
カメラを取り出して、さて撮影と思ったら・・過ぎてしまって翼の下・・ガッカリ!!
だが取りあえず撮影だけしてきた・・・

画像は、ネグロス島の上空である、もう少し行くとバコロドが見えるかなと期待しつつ待つ

バコロド市上空辺りと思われるが、雲が多いのと少しバコロドより東よりか・・?
良く判らないが、取りあえず撮影する。

雲の中で飛行機の機体が雲に映し出され、周りに光の輪が出来ている!!
ぞくに言う、プロッケン現象・・?!?!

ネグロスを過ぎると全面の雲で写真撮影は諦め、となりのピーナの子と話に講じる。
実家はダバオ、マニラの銀行へ勤めているとの事で、なぜかこういう仕事の子はタガログを喋らず英語で押し通す。
銀行員、デパートの店員、役所などへ行っている女性の場合が顕著である
もっとフィリピノ語にプライドを持って欲しいと、日本人が思うのも変か・・(笑)
28歳で、シングルだが子供が居ると言う・・・・子持ちの独身が多い!!
情熱的な面が有るせいかなと思う!
まあ、それ以上は差し障り無い話に変えて、無事にマニラに到着!

 -----------------[ ムスリムのオバちゃんと共同戦線を張る!! ]------------

 エアポートタクシーはP500と高いので、3階のDepature(出発)コーナーへ行き
客を乗せて来た、タクシーを捕まえようと、3階へ行くが
大変な人数が、タクシーを捕まえようと待っている・・!!Σ(⌒◇⌒;) ゲッ!!

出発へ来るタクシーはホンの少し、沢山の待ち客!!
エアポート・ポリスに少し渡して・・と、思ったが・・忙しいらしく、ノーサンキューと言われてしまった。

その内に、エア・ポートポリスの車らしきトラックが来ると・・??
皆が、空港の外の道まで載せて行けと談判している!!
ポリスがOKと言わない内に、勝手に乗って「シゲ・ナ?」(お願い)とやっている・・(笑)
先に乗っているピーノがから、あんたも、乗れと言われて・・大丈夫かと心配しながら乗り込むも
「駄目だ、全員降りろ」と降ろされてしまった・・(笑)

小一時間も待つがタクシーが掴まらない、
自分の周りで、やはりタクシーを捕まえようとしている人達と話して同じ方向が居ないか探す。

ダバオから来たと言う、おばちゃん二人組みと同じ方向と判って
じゃ連携作戦で行こうと言う事でメーター料金では高い金を払う客に取られてしまうから
多分P150の距離だが、一人P80づづ出してP240で交渉しようと
それでも一人で乗ってP150払うより、一人P80で済めば安いと言う事となる!!

近くで、その話を聞いていた娘に、あんた、珍しい日本人だねと、笑われるが背に腹は変えられない・・・・(^_^;)
ホテル代を一泊返してもらえず、航空券の変更でP1,000取られて・・
ともかく、節約、節約と・・

共同作戦の成果は、すぐに出た!!
おばちゃんの一人が、共同作戦に勢いずいて、そういう話ならすぐに捕まえられると
タクシーがと来る度に、他の人を押しのけて、すっ飛んで行っては交渉している・・(笑)
3台目のタクシーで交渉成立し、乗り込む

いや?良かった 1時間以上、タクシーが捕まらなかった!
エアポートタクシーを使おうかと、諦める寸前であった!

タクシーに、乗ると二人は姉妹で、妹の方が、オーストラリア人と結婚していて
姉を観光ビザで呼ぶので、明日、大使館で姉のインタビューが有るのでマニラに来たと言う
自分たちは「ムスリム」だが、怖くないかと言うので
「アッサラーム・アレイコム」とムスリムの挨拶をしたら、ぶったまげて・・
あんたも「ムスリム」かと言うので、いや友人にイスラムの信者が居るし
日本人は、八百万の神といって、仏陀も後から来た物を受け入れたんで
アラーの神や、モハムンドも受け入れられるなどと・・おばちゃん、フ?ムと、うなってたが

 --------------[ フィリピンでも、オバちゃんは強し!! (;^_^A アセアセ・・・ ]------------

まあ、しかしこの姉妹の妹は、良く喋る事、タクシーの運ちゃんにも、客がが沢山居て
タクシーが少なくたって、あんたメーターでちゃんとしないと駄目だとか
ポンポンと機関銃の様に、誠に良く喋る・・!

姉さんの方は、笑って見ているが、家で旦那と一緒でも、妹は、あんな感じて旦那とやっているのか??
おれが亭主だったら、うるさくてたまらなくて逃げるぞと・・(笑)

タクシーの運ちゃんが、「マビニ通りは混んでる時間だから行きたくない」と言うなり
「あんた、何言ってんのよ、ここで、降りて金払わないわよ!!」と
タクシーの運ちゃんもやられて、言いなりである・・(笑)
まあ、たくましい、おばちゃんで有る!

まあ、そんな騒ぎをしながらも、無事に、エルミタのホテルへたどり着いた
ホテルのアイドル的存在のカトリンちゃんが出迎えてくれて、ほっと一息

写真はカトリンちやん 身長150位、17歳のホテルのレストランのスタッフである!!
写真写りが悪いが、本物は、とても可愛い働き者の娘さんである

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
友達に伝える
投票数:56 平均点:6.96
前
マニラ紀行[5-6日目] ダバオ編3
カテゴリートップ
マニラ紀行記
次
マニラ紀行[7日目]


Powered by UNICOM & CopyRight; 2009-2012 Mechatronics Japan Project