ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

Main Menu
メニュー
海外旅行記
SIMフリー海外携帯と各国のSIMの特徴
ボホール島パングラオアイランド・アローナビーチ旅行記
ミンダナオ島でトレジャーハンターと山下ゴールド(宝探し)
ダバオ市内、サマール島の旅
マニラ紀行記
トップ  >  マニラ紀行記  >  [盗難未遂顛末報告]
フィリピン 盗難 LRT バッグ 巾着切り

マニラ紀行[盗難未遂]顛末報告  

以前に書いて有る様にマニラ滞在3日目に友人宅へ訪問したが
LRTとMRTを乗り継いで行く途中、ショルダーバッグを切られていた!!

幸いにも、未遂で終わったが、実に上手に犯行が行なわれていた
タバオから帰り、マニラで地元の人に、それは狙われたんだと指摘されるまで
なんで、バックが切れたのかなと判らなかった位である!!

下手な画像であるが、当時のバッグの中身を絵に描いてみた!

実際に、切られたバッグの画像を掲載する。
ゴム引きの布で丈夫な物であり、自然に切れたのではない
しかも、中に入っていた、梅干のパックまで、同じに切れる事は無い!

常に、自分の前に置いてLRTには、乗車していたので
降りる為に、ドアの前へ移動して駅へ付くまでの数秒のあいだだけ背中へ回していた隙の犯行と思う!

しかも、ご丁寧に、チャックを開けて、バッグを切ってから
犯行の発覚を防ぐ為に、チャックを再び閉めていると言う丁寧さであり
5秒から10秒の間に、この犯行が行なわれたとは、驚きである!
おそらく、犯人は、常連のプロの泥棒であろう!

自分の犯したミスとしては、バッグの蓋のフックをしていなかった事である

切られた、バッグの外観である!

犯人は、蓋を持ち上げ(フックはロックしていなかった、ミスした!!)

そして、チャックを開けて、カミソリの様な切れるもので中を切った!!
幸いにも、梅干パックも切られて、ツユが、こぼれたのと本が間に有ったので
盗まれずに済んだと、推測している!!

切られた部分の拡大した画像で有る
判り易くする為に、中に白い紙を入れて撮影した。
二日間、連続で、やられるとは、マニラは、危険だと言う認識が有りながら
警戒しているツモリでいても、まだまだ、甘ちゃんだったなと反省!
本職の泥棒って、凄腕なんだとも、変な感心もする。

出かけに、梅干パックを、バッグに入れてから、出掛けた
梅干パックまで切られていると言う事は、間違いなく
その日の移動中に、行われた事に、間違いない!!

このページをご覧の皆さんも、充分な注意をして下さい
それを職業にしているプロフェッショナルの泥棒が存在すると認識して

自分の注意している事は、
1:人前で現金を見せない(特に多額の場合は特に)
2:必要以上の物を持ち歩かない(盗られた場合の被害を少なくする)
3:パスポートや航空券などは、金庫、又はホテルのフロントに預けて預り証を貰う
その場合、中身を確認して貰い、預り証に書き込んで貰って置く
ホテルのスタッフも危ないのがいる!
4:パスポートはコピーをしてコピー携帯する。
5:携帯などを街中で使う時は壁を背にして、左右から近ずく者が無いか注意する
6:ジプニーは窓ががら空きである、手を伸ばして引ったくられる可能性が有る

7:強盗、泥棒と色々有るが、命の危険を、避ける事を第一とし
盗られる可能性を認識して行動する。
8:自分の場合は、常に、持ち歩くのは、携帯と現金の必要なだけ、(場合によりデジカメ,iPod)
それでも、盗られたら、仕方ないと、覚悟している

知り合いで、一回の渡比で3回の強盗にあった方がいます。
この方は、あえて火中の栗を、拾うような真似をしたために、なった結果です。
2回目の強盗では、ホールド・アップしている足のあいだに、実弾をぶっ放されたそうで
2度と、フィリピンは行かないと、言っています。

自分から、シンジケートアンダーグラウンドの方に近ずいた結果です。
情報を流され、最後はコネを求めた相手に裏切られた
強盗に合う都度、日本から送金して貰っては盗られたと!!
消されないで日本に帰れただけ良かったんじゃないのと言ってますが!!

マニラ紀行[5日目]ダバオ編へ続く

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
友達に伝える
投票数:66 平均点:5.91
前
マニラ紀行[4日目午後]
カテゴリートップ
マニラ紀行記
次
マニラ紀行[5日目午前] ダバオ編1


Powered by UNICOM & CopyRight; 2009-2012 Mechatronics Japan Project