ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

Main Menu
メニュー
海外旅行記
SIMフリー海外携帯と各国のSIMの特徴
ボホール島パングラオアイランド・アローナビーチ旅行記
ミンダナオ島でトレジャーハンターと山下ゴールド(宝探し)
ダバオ市内、サマール島の旅
マニラ紀行記
トップ  >  マニラ紀行記  >  マニラ紀行記[初日]
高速バス 成田空港 マニラ ニノイアキノ空港 FedEx フィリピン フィリピーナ ブラカン マリラオ

マニラとミンダナオ島ダバオでのサバイバル旅行記

  ********* 前書き ***********

期間[2007年1月10日より23日まで、

渡航先のマニラ盗難に合いながら
艱難辛苦の旅を続けた旅行記です。

貧しいマニラの住人や友人の助けを得て
マニラでも危険だと言われるエルミタでの生活で
様々な人間模様を体験した事実を書きました。

盗難に遭って金を盗られてしまいホテル代も足りなくなり
FIXの格安航空券で半月(2週間)で予約した為、帰国便の変更が出来ず。
危険なマニラ路上生活をと言う状況になりましたが
地元の人や友人に助けて貰って何とか無事に帰国出来ました。

 

  

----------------------------[初日昼]--------------------------

早朝3時、目覚ましで目覚めるが寝たのが深夜12時頃
結局3時間しか寝てない
パッケージした荷物を玄関へ運び、一服しながら予約したタクシーを待つ
タクシーが到着し荷物をゴロゴロと運び
高速バス乗り場へは近くなので、アット言う間に到着
駐車場は有るが、2週間は預けたく無い

高速バスの客管理のスタッフが到着し
世間話をしていると・・
子供連れのフィリピナが・・??
見た事が無いが近くに居たかな・・田舎の為に
近所なら大抵のフィリピナは判る!!

話して見ると、今は閉鎖した、すぐ近くの店で仕事をしていたと
しかも、やはり知っている友達は同じで
店へは、たまに行っていたので有るが記憶に無いと
旦那は、自分の知っている奴である

しばし会話していると、行く先が
ブラカン州マリラオ市だと言うではないか!!
今回の旅で友人が居るので行く予定地でも有る
じゃマニラに到着後は別々だが現地で会おうかと話していると
高速バスが到着し乗り込んで寝ようかと・・
しかし、若いネーちゃんがペチャクッチャと
後ろで喋ってて眠れず。
成田近くで30分ほど寝たくらいで成田に到着、

----------------------------[成田空港へ到着]--------------------------

 一緒に来たピーナが、案の定、山の様な
土産の山と元気な子供とで・・・
荷物をひつ持ってやり、Fカウンターへ
聞けば、一年半ぶりの里帰りだとか
でかい荷物を4つも・・・(^_^;

子供は嫌いで無いので、面倒を見て
一緒に遊んでいた
なついてくれて、なかなか可愛い!!

 

写真は搭乗ゲート前で親子で写真を・・





朝飯で用意してたのか、サンドイッチなどをゴチになり
機内も子供を間に、自分が子供の遊び相手で有る(笑)
子供が寝るかと思ったら、全然寝なくて・・
結局、睡眠不足のまま、マニラ

----------------------------[マニラ着]--------------------------

用意して来た半袖シャツに着替えタトゥーチェック
引掛からないようにし靴も脱いでサンダルになり
(友人のH.H氏が長袖を着ていた為にタトゥーを隠していると疑われて連続2回も引っかかった)
イミグレーションと通関とスムーズに・・
空港での両替はレートが悪いので3千円だけ・・
3千円が、P1,193ペソ

今日のレートは
1万円が P3,975で有った
空港には、ねもと観光の迎えを頼んで有ったので
すぐ見つかり、そのまま「ねもと」のタイ子ママの所へ直行し
出迎えの費用支払いとダバオ行きの格安チケットを依頼し
エルミタのEDOZENへ直行しすぐ近くのホテルにチェックイン

空港近くでFedexのカーゴをトラクターで引いて
路上を走っているのを見つけパチリ
Fedexは航空機も中古機を使い、荷物もトラックを使わないのかと
ケチぶりに関心・・(笑)





ホテルにチェックインし長旅の疲れと睡眠不足で・・
3時間近く寝て目が覚めると寝られない

どうしようかと、すぐ近くに「 LaCafe(現在はManila Bay Cafe) 」が有るから
冷やかしだけと、歩きで出掛ける!

[初日,夜]へと続く

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
友達に伝える
投票数:74 平均点:4.73
カテゴリートップ
マニラ紀行記
次
マニラ紀行記[初日夜]


Powered by UNICOM & CopyRight; 2009-2012 Mechatronics Japan Project