ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

Main Menu
メニュー
トップ  >  MetaTrader [メタトレーダー]  >  MTF鈎足(マルチタイム鈎足)
MT4 MetaTrader4 メタトレーダー4 インジケーター 鈎足 マルチタイム 好成績

日本式罫線分析の鈎足(カギ足)をマルチタイムフレームとして3本の鈎足を同時にチャート状に描くインジケーターです。

鈎足とは一定の値幅を決めてその値幅を超えない場合は水平線を引続けて定められた値幅を超えて下がった、上がった場合に上下に縦線を伸ばします。

更に鈎足を描く値幅を決定するのにATRを用いて自動計算することにより常に最適な値幅決定を可能にしました。

これにより最適な値を常に自動計算して相場に合わせた鈎足を自動で描いてくれます。 更にマルチタイム機能で3つの時間軸の鈎足を同時に描画してくれます。

マルチタイム化により今までは過去の水平線との高さの差を見て今後の方向を判断していた他に他の時間軸と挟まれた所がレンジの天底となりスキャなどで短期のトレードに有効に使えます。

鈎足の山や谷の高さの変化の他に時間軸違いの鈎足に挟まれた所が取引レンジとして判断できて今後の方向を予測する以外にサポートとレジスタンスとしても活用できます。

画像をクリックすると大きい画像が開きます。

サポートとレジスタンスとして使う場合のケースを画像に線を引いて表わしてみました。
グリーンをサポートとして使ってロングのポジションを取りサンプル画像の赤は損切りの設定ラインでポジションを取った近くに設定しても狩られる率が低いのが判ります。

画像をクリックすると大きい画像が開きます。

実際のトレードではサポートとレジスタンスに用いて損切り位置を設定する事により損切りを少なくする事が出来ます。
複数回、トレードを行なって損切り量が少なければ損小利大となります。
実際のトレードでは日足で鈎足のラインをサポートとレジスタンスとして用いてMACDやストキャスなどで方向を把握してトレードを行なっています。
大きい方向(長い時間軸で)方向を確認し更に鈎足でサポレジを使えば更に利益に結びつきます。
実際にどのようにトレードするのか例をチャート上に描いてみました。

実際には時間軸違いの鈎足のラインに挟まれた中で更にMACDとストキャスを使ってトレードしています。

画像をクリックすると大きい画像が開きます。

画像をクリックすると大きい画像が開きます。

ダウンロードはこちらから

このカスタムインジケーターは有償となります。[ JPY 4,980 ]

ダウンロード後、3ヶ月間は無償サポートします。

ダウンロード商品は入金確認後24時間以内に
メールで、お客様専用のダウンロード用URLアドレスを送信致します。
暫し お待ち頂くことになりますので、 ご了解の上で購入して下さい

いいねを押して友達に紹介して下さい

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
友達に伝える
投票数:74 平均点:5.00
カテゴリートップ
MetaTrader [メタトレーダー]
次
DeTrended Oscillator (Oscillator Predictor近似描画)


Powered by UNICOM & CopyRight; 2009-2012 Mechatronics Japan Project